ハゲたくない必死の思いでプロペシア|復活していく俺の頭

プロペシアAGA対策の薬

今やAGAやの治癒薬として効果があって一般的に認知されてるフィナステリド別名プロペシアもはじめっから対薄毛の治療薬とし研究された訳では無いんです。
元々米国メルック社で91年に前立腺の薬とし考究されてた未だ歴史としては浅い構成物です。
前立腺とは膀胱の隣の臓器でありこれが肥大、拡張すると尿の切れが悪く成ったり出し難くなります。
前立は男性のホルモン働きが原因に参与している事と考えられてて中高年の男性ホルモンを含むステロイドホルモンの環境変化が起るため肥大します。
対して男性ホルモンを抑止する薬としてフィナステリドは開発が進み92年にプロスカーの名で認承された要素です。
販売後も臨床実験を繰返す内に多くの患者から御髪が増毛した、抜毛が減った様に感じた。等副作用の効力が現れ始めここからアンドロゲン性脱毛症の内用薬として本格的に開発が進められる事となったのです。
米食品薬局は97年にフィナステリドをAGAの対治癒薬として承認を下し現在全世界60のカ国で愛用され日本は1年間の治験試験を行った後MHLW厚生省によって05年に承認され日本法人MSDから発売が開始された。

プロペシアの主成分は酵素阻害薬の分類でアメリカ、テキサス州に自生するノコギリヤシ植物の薬効成分を研究して生まれた化学合成品です。
又、最近まで世界アンチドーピング機関によって筋肉増強剤の使用を隠蔽する作用が判明した事からドーピング薬としてリストに入ったのですが検査技術の向上によって筋肉増強剤効果の検出が可能となったので09年1月から禁止薬剤のリストから外れておりす。

プロペシアも医薬品指定ですので色んな反作用が告発されています。
主に腹痛や下痢、朦朧といった良く見る作用の他、胃の食滞や食欲の低下で消化器官系の弊害も在り中でも特に気にかける必要があるのは性機能障害です。
男性の機能低下は男性方にとって痛い症状で一度発症すると完治は 困難とされてます。
薬にはプラスとマイナス、良い点悪い点の危殆があり効果や副作用を知った上で飲むか飲まないかの判断を自己責任で決めるべきなのが大事で軽い気持ちで摂取は禁忌です。