ハゲたくない必死の思いでプロペシア|復活していく俺の頭

薄毛の原因を取除く薬

薄毛は病気です。
AGAと呼ばれる男性型脱毛症であり、日本人男性の薄毛の9割はこの病気と言われています。

・額の生え際が徐々に後退していく
・頭頂部が円形に薄くなっていく

が特徴で、更に進行型の病気になるので治療を行わないと薄くなってしまう一方です。
このAGAには特効薬が有ります。
それがプロペシアという飲み薬になります。
AGAの原因は"男性ホルモン"と言われており、5型ホスホジエステラーゼという酵素の働きによって頭皮に悪影響を及ぼす物質に変換されてしまうことで薄毛や抜け毛が起こっていると言われています。

【プロペシアの効果】
1日に1錠を服用する薬になっていて、効果が期待出来るのは半年から1年と言われています。
この薬は成分フィナステリドが主成分となっていて、この成分が頭皮に作用すると酵素の働きを阻害することが出来ます。
活発な活動を抑えられた酵素が増えていく事で変換されて出来る原因物質となるDHTが作り出されなくなるので、薄毛の進行を抑える事に繋がります。
また、同時に頭皮環境が整えられる事にもなるので髪の毛を失った場所からも再び髪が成長することが期待する事ができ発毛の効果が頭皮に現れる様になります。
育毛剤などでは得られない効果になるのでAGAの特効薬という事ができます。
そして育毛成分としてプロペシアと同様に有名なミノキシジルがあります。ミノキシジルと併用して使用することで相乗効果となり、より高い育毛効果が得られることが実証されています。
薄毛の治療をお考えの男性はプロペシアとミノキシジル両方の使用を考慮されてみてはどうでしょうか。

【処方の費用は?】
クリニックなどでの処方費用は1ヶ月で大体、6000円前後とされています。
保険の適応の無い治療になるので、少し高めの価格になります。
1年間の使用と考えると薬代で72000円ほどになり、これに診察代などが加算される計算になります。

【もっと安く購入できないの?】
確かに保険が効かない治療を1年続ける事は負担が大きいです。
そこでオススメなのが同じ成分フィナステリドを使っているプロペシアのジェネリックにあたるフィンペシアです。
フィンペシアであれば1ヶ月でかかるのは薬代だけで、値段も1300円前後となるので、2割ほどの負担にまで抑えることが出来るので金銭的な負担を減らす事が出来ます。

【副作用は?】
同一成分フィナステリドを使ったフィンペシアは副作用も変わらず稀に、
・リビドー減退
・勃起不全
・頭痛
・動悸
などを起こすとされています。

フィナステリドの効果・副作用の詳細はコチラ
薄毛の原因や症状について確認する